ASHIYA MITOOKA CLINIC
AppointmentsRequest for Information Materials

Colon inspections without uncomfortable lavage solution
What is Day ESD

Director Profile
Director Dr. Hideki Mitooka
We offer all gastrointestinal endoscopic procedures available as outpatient services and the highest level of medical care for every patient. "What kind of treatment would I want to receive if I were the patient?" This is the question I always ask myself when giving medical treatments. We, at Ashiya Mitooka Clinic provide a "patient-first" approach with courtesy and perfection for each one of our patients.
Gastrointestinal endoscopy should not be considered a once-in-a-lifetime inspection. Rather, it should be performed periodically, which may lead to early detection of cancer, and allow for endoscopic resection without abdominal operations. Therefore, we believe that the procedure should be easy and painless, allowing the patients to relax in confidence.
With the highest level of expertise which we have established over many years as endoscopy specialists, using state-of-the-art equipment including magnifying endoscopy, we offer the best medical care using methods such as conscious sedation and contrast chromoscopy, using an indigo carmine(dye) capsule.
Our clinic seeks to provide superior medical care specializing in endoscopy.
Profile
March, 1980   Graduates Kobe University School of Medicine
November, 1980~   Medical Intern at Kobe University Hospital Second Department of Internal Medicine
July, 1981~   Medical Staff at Japanese Red Cross Suma Hospital Department of Internal Medicine
July, 1983~   Medical Staff at Kobe University Second Department of Internal Medicine
July, 1985~   Medical Staff at Kobe Seaside Hospital Second Department of Internal medicine
March, 1989   Acquires degree in Medical Doctor(MD)
May, 1989~   Head Physician at Kobe Seaside Hospital Department of Internal medicine
April, 1994~   Director at Kobe Seaside Hospital Department of Internal medicine
June, 1994~   Director at Kobe Kaisei Hospital Department of Internal medicine
July, 1996~   Deputy Director at Kobe Kaisei Hospital
Director of Gastrointestinal Endscopy Center at Kobe Kaisei Hospital
April, 2006~   Director at Ashiya Mitooka Clinic
    Visiting Chief of Gastrointestinal Endscopy Center at Kobe Kaisei Hospital
Affiliated Academic Societies
Japan Gastroenterological Endoscopy Society
The Japanese Society of Gastroenterology
The Japanese Society of Internal Medicine
The Japanese Gastroenterological Association
The American Society for Gastrointestinal Endscopy
Licenses
Approved Medical Specialist of Japan Gastroenterological Endoscopy Society
Medical Instructor of Japan Gastroenterological Endoscopy Society
Trustee of Japan Gastroenterological Endoscopy Society Kinki District
Trustee of Japan Gastroenterological Endoscopy Society Headquarters
Approved Medical Specialist of The Japanese Society of Gastroenterology
Trustee of The Japanese Society of Gastroenterology Kinki District
Academic Trustee of The Japanese Society of Gastroenterology
Approved Doctor of The Japanese Society of Internal Medicine
Trustee of The Japanese Gastroenterological Association
Member of The American Society for Gastrointestinal Endscopy
Visitting Professor at University of Rio Grande Gastroenterology Department, Brazil
Member of Kobe East Rotary Club
Awards
1995 Japan Gastroenterological Endoscopy Society Award
「Mitooka H, Fujimori T, Maeda S, et al. Minute flat depressed neopalstic lesions of the colon detected by contrast chromoscopy using an indigo carmine capsule. Gastrointest Endosc 41: 453-456,1995」
ARTICLES/PAPERS
Mitooka H.
A novel endoscopic technique to close large mucosal defect after ESD using hemoclips and Slip Knot of thin fishing line during laparoscopic surgery.
Gastrointest Endosc 69:AB382, 2009
Mitooka H : Flat neoplasms in the adenoma-carcinoma sequence in Japan.
Seminars in Gastrointestinal Disease
11:238-247, 2000
Mitooka H, Fujimori T, Maeda S, et al.
Minute flat depressed neo-palstic lesions of the colon detected by contrast chromoscopy using an indigo carmine capsule.
Gastrointest Endosc 41: 453-459,1995
Mitooka H, Fujimori T, Maeda S, et al.
Colon polyps detected by contrast chromoscopy using indigo carmine capsule.
Dig Endosc 4: 350-354, 1992
Mitooka H, Fujimori T, Ohno S, et al.
Chromoscopy of the colon using indigo carmine dye with electrolyte lavage solution.
Gastrointest Endosc 38: 373-374, 1992
Fang-yu Wang, Ichirou Hirata,Ken-ichi Katsu,Ren-min Zhu,Masahiro Itoh,Hideki Mitooka,- - - .
Macroscopic classification of early colorectal carcinoma: a comparison between Japan and China.
Dig Endosc 12: 322-326, 2000
三戸岡 英樹
特集:知ってますか!SSA/Pとその癌化
症例から学ぶSSA/P-表面構造の多様性からSSA/Pを疑った病変
消化器内視鏡24:1166-68,2012
三戸岡 英樹:癌診療指針のための病理診断プラクティス 食道癌・胃癌
4章 症例の実際  症例2 表層拡大型胃癌
総編集 青笹克之 専門編集 藤盛孝博. 中山書店. 262-263,2012(2/6)
三戸岡 英樹:臨床最前線第58回
消化器内視鏡と自由診療
Frontiers in Gastroenterology Vol.17 No.1:77-84,2012
三戸岡 英樹:消化管の拡大内視鏡観察2007
各論 4.大腸10)微小血管の拡大観察(1) 通常拡大観察.
胃と腸42 No.5:857-862,2007
三戸岡 英樹
拡大内視鏡による質的診断の進歩 IV. 血管構築の観察(1)拡大内視鏡.
早期大腸癌 Vol.10 no.3: 229-233,2006
三戸岡 英樹、井上 崇、松田 耕作、入江 一彦
特集:消化管癌の微小血管診断学とは-微小血管像による大腸sm癌の診断.
消化器内視鏡17:2123-28,2005
三戸岡 英樹:大腸腫瘍に対するESDのコツ EMRのコツと落とし穴(2)下部消化管
工藤 進英 編集. 中山書店,82-84, 2005(4/20)
三戸岡 英樹:放射線性腸炎 専門医のための消化器病学
小俣 政男、千葉 勉 編集. 医学書院,165-67, 2005(4/15)
三戸岡 英樹:大腸内視鏡挿入時の苦痛を軽減する方法 腹痛診療のコツと落とし穴
寺野 彰 編集. 中山書店,134, 2005(1/20)
三戸岡 英樹:特集:内視鏡 これが基本だ-大腸の色素法、拡大内視鏡検査
消化器内視鏡 16:479-481, 2004
三戸岡 英樹、柏木 亮一、西谷 和夫、田畑 文平:診断が困難であった直腸カルチノイドの1例
早期大腸癌 Vol.6 no.3: 282-83,2002
三戸岡 英樹、多田 正大、大川 清孝、清水 誠治:内視鏡所見のよみ方と鑑別診断
-下部消化管- 医学書院 第1版第1刷 4月15日2002年
三戸岡 英樹:早期大腸癌の診断と治療-早期診断と低侵襲性治療で良好な予後を!
内視鏡的粘膜切除術 完全摘除法. Mebio,31-36,2002 March
三戸岡 英樹:内視鏡検査総論 9 色素内視鏡, 10 拡大内視鏡 消化管内視鏡検査
図説消化器病シリーズ2 寺野 彰 編集. MEDICAL VIEW,27-28, 2001
三戸岡 英樹、白川 勝朗、入江 一彦、他:特集:拡大内視鏡による大腸隆起性病変の深達度診断.
消化器内視鏡 13:391-399, 2001
三戸岡 英樹、白川 勝朗、入江 一彦、他
特集:大腸の鋸歯状腺腫を診る-拡大観察を含む表面構造からみた大腸鋸歯状腺腫の質的診断の限界.
消化器内視鏡 12:1127-1132, 2000
三戸岡 英樹、白川 勝朗、入江 一彦、他
(主題)大腸拡大内視鏡診断はどこまで病理診断に近づいたか-ビデオを使用した検討.
胃と腸 34:1491-1498, 1999
三戸岡 英樹:第3章その他の大腸腫瘍-青色ゴムまり様母班症候群
大腸疾患のX腺・内視鏡診断と臨床病理 武藤 徹一郎、多田 正大、名川 弘一、清水 誠治 編.
医学書院,154-55,1999
三戸岡 英樹他:大腸早期癌の内視鏡診断-特に微小癌を癌と診断できる所見-
Pharma Medica Vol.17 No.6:33-36,1999
三戸岡 英樹:拡大内視鏡から見たIIc (2)微細表面構造とIIc
早期大腸癌 Vol.2 no.1: 59-66,1998
三戸岡 英樹:経口剤による大腸色素内視鏡の応用-経口色素カプセル法.
消化器内視鏡のコツと落し穴-下部消化管 鈴木 博昭 編.
中山書店,46-7,1997
三戸岡 英樹:Colonoscopy 高性能コロノスコープ、誤診率.
大腸癌 早期診断のための分子病理学的アプローチ 長廻 紘,藤盛孝博, 編.
医薬ジャーナル社,102-114,1997
三戸岡 英樹:表面型起源sm癌、Peutz-Jeghers ポリープ.
内視鏡像の読み方 長廻 紘、藤盛 孝博 編著 新興医学出版:117-122,1997
三戸岡 英樹:色素内視鏡検査の目的と手段.
早期大腸癌内視鏡ハンドブック 多田 正大 編,中外医学社:35-40,1997
三戸岡 英樹、 福永 馨、 他:急性大腸炎と下血.
カレントテラピー14:NO3 :383-387, 1996
三戸岡 英樹、入江 一彦、藤盛 孝博:(主題)大腸微小腺腫の見つけ出しと取り扱い
胃と腸 30:1491-1498, 1995
三戸岡 英樹:消化器内視鏡に必要な薬理学.近畿消化器内視鏡技師会誌
第5号: 209-215, 1994
三戸岡 英樹、見須 英雄、馬渕 理
サイトメガロウイルス腸炎を併発した全身性巨細胞性封入体症の1小児例.
日本消化器内視鏡学会雑誌 32: 1173-1179, 1990
三戸岡 英樹
トルクメーター付き内視鏡的砕石バスケットの有用性とその臨床応用に関する研究.
神戸大学医学部紀要 50: 1-8, 1989
LECTURE AND PRESENTATION (OVERSEAS)
2009 May 27, Chicago, ILLinois
The American Society for Gastrointestinal Endoscopy(ASGE)
  • ASGE Poster Session
    Hideki Mitooka
    A Novel Endoscopic Technique to Close Large Mucosal Defect After
    ESD Using Hemoclips and Slip Knot of Thin fishing Line During Laparoscopic Surgery(W1485)
2006 Dec 9-10,Taichung,Taiwan-invited speaker
2006 Annual Meeting of the Society of Colon and Rectal Surgeons
Innovations in Colonoscopy-Fuji Intelligent Chromo Endoscopy(FICE) and
Endoscopic Submucosal Dissection(ESD)
2006 Sep23-24,Beijing,China-Invited speaker
1st Beijing International Workshop on Early Diagnosis and Treatment of Gastrointestinal Cancer
拡大内視鏡による早期大腸癌の診断と治療(FICE & ESD)
2005 Sep 21-24, Maracaibo,Venezuela-Invited speaker
XXV CONGRESO VENEZOLANO DE GASTROENTEROLOGIA(Venezuelan Congress of Gastroenterology)
  • 1.Chromoscopy and magnification of the colon
  • 2.Diagnosis and treatment of flat tumors in the colon
  • 3.Assessment of colorectal cancer depth of invasion using conventional and magnifying colonoscopy
  • 4.Endoscopic submucosal dissection(ESD) technique for large colorectal neolplastic lesions
2005 June 18, 烟台,中国
烟台国際消化器内視鏡学会
  • 大腸内視鏡による診断と治療-最近の動向-(招待講演)
2005 May 17, Chicago, ILLinois
The American Society for Gastrointestinal Endoscopy(ASGE)
  • ASGE Topic Forum Endoscopy in Evolution-Diagnosis (Oral presentation)
    Hideki Mitooka, Takashi Inoue
    Magnified Colonoscopic findings of Microvascular Architecture Useful To Predict Risk Factors of Lymph Node Metastasis in T1 Colorectal Carcinoma(47148)
2004 May 17, New Orleans, LA(louisiana)
The American Society for Gastrointestinal Endoscopy(ASGE)
  • ASGE Topic Forum SEEING MORE DURING COLONOSCOPY (Oral presentation)
    Hideki Mitooka
    #266 Novel Magnified Colonoscopic Findings of Microvascular Architecture in Colorectal Tumors
2004 April 30-May 1, FUGAST ,Porto Allegre, Brazil - Invited speaker
XVI JORNADA DE GASTROENTEROLOGIA E ENDOSCOPIA DIGESTIVA
  • April 30, lecture: RECENT ADVANCES IN THE ENDOSCOPIC DIAGNOSIS AND TREATMENT OF COLORECTAL NEOPLASTIC LESIONS Hideki Mitooka M.D.
  • May 1, Meet the professor: Endoscopic mucosal resection Hideki Mitooka M.D.
2004 March 18-20, Munich, Germany - Invited speaker
34.Congress of the German Society for Endoscopy and Imaging Diagnostics.
(XXXIV. der Deutscen Gesellschaft fur Endoskopie und bildgebende Verfahren e.V.)
  • March 19, chromoendoscopy:colon
    Chromoendoscopy and magnifying endoscopy in the colon-experiences in Japan-Hideki Mitooka M.D.
2002 June 13-16, San Paulo, Brazil
XI Sirio Libanes Endoscopy Course(Live)
  • Sirio Libanes Hospital
    Invited as a live demonstrator
2001 Nov 11-14, Campo Grande, Brazil - Invited speaker
Brazilian Seminar of Digestive Endoscopy
Interactive Symposium: Mucosectomy in flat colonic lesions
  • Endoscopic and Echoendoscopic Aspects
  • Chromoscopy and magnification of colonic imaging-techniques and indications-
2001 Nov 3, Caracas, Venezuela
Endoscopic video-forum(Venezuelan Gastroenterology Society)
Caracas Hilton
Invited as a speaker and live demonstrator
2001 Oct 29-Nov 2, Lima, Peru - Invited as a speaker and live demonstrator
27thPan-American Congress of Digestive diseases & 14thPan-American Congress of Digestive Endoscopy
  • Professor of the live demonstrations in therapeutic endoscopy SIED POSTGRADUATED COURSE
  • Session Colon
    Echoendscopy in colon
    Magnified colonoscopy in early colon cancer
2001 May 20-23, Atlanta, Georgia
The American Society for Gastrointestinal Endoscopy(ASGE)
  • ASGE Poster Session
    Hideki Mitooka, Katsurou Sirakawa, Kazuhiko Iire, Ryoichi Kasiwagi, Kazuo Nisitani, et al :USEFULNESS OF STIFF TYPE SNARE AS COMPARED WITH STANDARD TYPE SNARE FOR STRIP BIOPSY OF LARGE COLORECTAL TUMORS
2001 February 1-2, Pari, France
19th International workshop on interventional Endscopy, Radiology and laparoscopy
JERDO ALMA CLINIC-LARIBOISIERE HOSPITAL
  • Invited as a live demonstrator: 4 cases live demonstration regarding chromosopy, magnifying colonoscopy and mucosectomy
2000 JULY 23-26, SAO PAULO, BRAZIL - Invited speaker
18th Congress of the International Society of Colon and Rectal Surgeons
  • Colonoscopy - Newer applications: Chromoscopy
  • Molecular biology in the next millenium - Evolutions of colorectal tumors in the view of molecular and histopathology
2000 JULY 21-26, SAO PAULO, BRAZIL - Invited speaker
49th BRAZILIAN CONGRESS OF COLO-PROCTOLOGY
  • Colonoscopia: 3. Tecnicas de introducao do colonoscopio
  • Avancos na Colonoscopia: 2. Colonoscopia com magnificacao de imagens 2000 July 21
  • Conferencia 3: Early colorectal cancer in Japan
2000 May 21-24, San Diego, California
The American Society for Gastrointestinal Endoscopy(ASGE)
  • ASGE Poster Session
1999 Sep.25-30 , Cordoba, Argentin
CONGRESO ARGENTINO DE Gastroenterologia endoscopia '99
Invited as a speaker and live-demonstrator 1999 Sep.25-30
1998 May 17-20, New Orleans, louisiana
  • ASGE Poster Session
    Mitooka, K.Irie, R.Kasiwagi, F.Tabata,T.Fujimori.: MORPHOLOGICAL ANALYSIS OF COLORECTAL SUBMUCOSAL CANCERS WITH REFERENCE TO THEIR PRECURSORY LESIONS.
1996 May19-22, San Franscisco, California
  • ASGE Poster Session
    H Mitooka, H Matsuo et al:The utility of chromoscopy(contrast method) for detecting minute lesions in the large intestine: non-randomized prospective study.
1995 May16-17, San Diego, California
  • ASGE Topic Forum(Oral presentaion): POLYPS AND COLORECTAL CANCER
    H Mitooka, H Matsuo et al:Relationship between rectosigmoid polyps and proximal colonic neoplasms: chromoendoscopic study in asymptomatic patients.
  • Electronic Poster Session:H Mitooka, H Matsuo et al: Diagnosis and treatment of flat adenomas and carcinomas of the colon by magnifying electronic colonoscope.
1994 Oct. 2-7, Los Angeles, California, USA
10th WORLD CONGRESSES OF GASTROENTEROLOGY
  • H Mitooka, T Fujimori et al: Colon polyps detected by contrast chromoscopy using indigo carmine capsule(CCIC) in asymptomatic subjects.
1994 May 17-18, New Orleans, Louisiana
  • ASGE Poster Session
    H Mitooka, K Shirakawa et al: Differentiation of diminutive neoplastic polyps from non-neoplastic polyps by the pit patterns observed by magnifying colonoscope.
1992 Nov. 29-Dec. 3, Bangkok, Thailand - Invited speaker
6th Asian-Pacific Congress of Digestive Endoscopy
  • Symposium(12): Colo-rectal Cancer
    H Mitooka: Contrast Chromoscopy Using Indigo Carmine Capsule
1992 May 12-13, San Francisco, California
  • ASGE Poster Session H Mitooka, Y Honsako et al: Simpler technique for replacing an obstructed biliary endoprosthesis.
  • ASGE Poster Session H Mitooka, T Fujimori et al: Diagnosis of flat and depressed type neoplastic lesions of the colon by simple chromoscopy (dye oral administration method).
1990 May 15-16, San Antonio, Texas
  • ASGE Poster Session
    H Mitooka, S Morimoto et al: New chromoscopy using Golytely.
LECTURE AND PRESENTATION (in Japan)
2017年9月17日
因幡薬師講演会「生きる がん封じ・医療と祈り」:ホテル日航プリンセス京都,京都
講演「胃腸のがんはこわくない! 内視鏡診断・治療の最前線」
2017年3月28日
神戸東ロータリークラブ例会講演:ホテルオークラ神戸,神戸
講演「カプセル型内視鏡」
2016年10月20日
西宮恵比寿ロータリークラブ例会講演:ノボテル甲子園,兵庫
講演「がんと消化器内視鏡-切らずに治る胃腸のがん-」
2015年11月14日
神戸ヤクルト販売(株)ヤクルトスタッフ研修会:ANAクラウンプラザホテル神戸,神戸
講演「胃腸のがんは治る!早期発見・早期治療、そして予防」
2015年2月28日
第11回鬼怒川フォーラム in Kobe:ANAクラウンプラザホテル神戸,神戸
特別講演「自由診療-10年を迎えて-」
2014年7月13日
  第41回東洋医学夏期大学 公開講座:兵庫県民会館,神戸
講演「~名医の健康サポート~さびない心とカラダのつくり方 血糖値X高血圧X癌」
2014年1月21日
日本医業経営コンサルタント協会研修会:ヒルトンホテル大阪,大阪
講演「自由診療による消化器内視鏡診療」
2013年9月21日
第10回実地医家の実戦内視鏡研究会:グランフロント大阪 KNOWLEDGE CAPITAL,大阪
特別講演「自由診療による無床クリニックにおける消化器内視鏡診療」
2013年5月15日
‘相志崇愛’プロジェクト:天満橋OAPタワー,大阪
人生切り開き方セミナー 「内視鏡の名医が語る 医師として今思うこと」
2013年3月14日
第24回横浜GI-Congress:関内新井ホール,横浜
特別講演「消化器内視鏡と自由診療」
2011年9月11日
第57回近畿消化器内視鏡技師学会:大阪国際会議場,大阪
特別講演「おもしろい消化器内視鏡-私がこの分野を選んだ理由-」
2011年3月9日
‘相志崇愛’プロジェクト:難波市民学習センター,大阪
人生切りひらきセミナー 「名医が語るプロフェッショナルとは」
2011年2月12日
関西FICE・拡大内視鏡セミナー:薬業年金会館,大阪
特別講演 「大腸拡大内視鏡-私の経験-」
2009年5月22日
第77回日本消化器内視鏡学会総会 サテライトセミナー 3
(テーマ)大腸EMR・ESD-安全で確実に行うための工夫とコツ- :名古屋国際会議場,名古屋
「下部消化管処置用スコープEC-450RD5/Mの開発と使用経験」
2008年12月21日
ADI (ACADEMY OF DENTISTRY INTERNATIONAL JAPAN SECTION)
国際歯科学会クリスマス会講演:関西文化サロン,大阪
「消化器内視鏡による診断と治療-最近の動向-」
2008年10月1日 JDDW2008 FUJIFILMホスピタリティールーム ドクター講演:
グランドプリンス新高輪,品川,東京
「下部消化管用処置用スコープ EC-450RD5/Mを用いたEMR・ESDの実際」
2008年1月31日 神戸垂水ロータリークラブ例会講演:シーサイドホテル舞子ビラ神戸
「胃腸の癌-内視鏡による早期発見・早期治療-」
2007年10月16日 神戸東ロータリークラブ例会講演:ホテルオークラ神戸
「大腸癌の早期発見・早期治療の最先端」
2007年2月15日 第11回高砂市医師会生涯教育研修会:高砂市民病院
「大腸内視鏡による診療-最近の動向-」
2006年12月2日 日本歯科先端技術研究所兵庫支部 講演会:兵庫県歯科医師会館
「大腸内視鏡による診断と治療-最近の動向-」
2006年9月14日 第199回木曜会:メトロポリタンプラザオフィスタワー,池袋,東京
「大腸癌の診断-通常観察から拡大観察まで-」
2006年1月26日 伊丹市医師会講演会:伊丹シティホテル
「大腸内視鏡の診断と治療-最近の動向-」
2005年7月9日 第23回播磨消化管勉強会:姫路市医師会館
「大腸内視鏡の診断と治療-最近の動向」
2004年1月31日 第17回日本消化器内視鏡学会近畿セミナー:大阪
千里ライフサイエンスセンター
「内視鏡検査における安全と鎮静」
2003年7月26日 神戸市北区医師会学術講演会:神戸市北区医師会事務所
「大腸腫瘍に対する内視鏡的診断と治療」
2003年7月25日 第4回西大寺邑久地区消化器内視鏡懇話会:西大寺グランドホテル
「内視鏡 私の経験-Conscious Sedationを中心に」
2003年7月12日 小野市加東郡医師会学術講演会:小野市加東郡医師会事務所
「大腸病変に対する内視鏡的診断と治療」
2003年2月1日 第16回日本消化器内視鏡学会近畿セミナー:大阪国際交流センター
「conscious sedation」
2002年9月7日 第9回消化器病学会近畿支部教育講演会プログラム:京都
京都テルサ(テルサホール、弟7回支部例会第一会場)
「大腸腫瘍に対する内視鏡的診断と治療」
2002年2月1日 第15回日本消化器内視鏡学会近畿セミナー:神戸国際交流センター
「conscious sedation」
消化管学会関連発表:総会
2008年2月7日-8日 第4回日本消化管学会総会:大阪
  • 一般演題35 内視鏡診断:特殊光/拡大1 司会
  • EMAフォーラム(大腸) F-1-2. 大腸微小血管構造観察の臨床的意義 三戸岡 英樹
2006年2月11日-12日 第2回日本消化管学会総会:東京
  • 症例検討セッション 下部消化管 Answer PAD回答者 三戸岡 英樹
  • 一般演題 大腸4 司会
2005年1月28日-29日 第1回日本消化管学会総会:名古屋
  • EMAフォーラム 内視鏡的微小血管診断を考える会
    EMA-7. 内視鏡的微細血管所見からみた大腸sm癌の診断 三戸岡 英樹
消化器病学会関連発表:総会・大会
1996年9月22日 第38回日本消化器病学会大会:パシフィコ横浜
  • ワークショップ 「表面型大腸腫瘍ーその組織発生と診断をめぐる諸問題」
    8.色素法併用拡大内視鏡観察と実体顕微鏡観察から見た表面型大腸腫瘍の診断
    三戸岡 英樹、柏木 亮一
1993年9月21日 第35回日本消化器病学会大会:神戸
  • 一般演題 無症状患者における大腸ポリープの検討-経口色素法を用いて
    三戸岡 英樹、白川 勝朗、他
1985年5月23日 第71回日本消化器病学会総会:旭川
  • 一般演題:胃、胆、膵相関に関する研究-とくに胆嚢収縮、HPP分泌反応と胃排出との相関について-
    三戸岡 英樹、他
消化器病学会関連発表:近畿支部
1999年9月 第71回日本消化器病学会近畿支部例会:大阪国際交流センター
  • シンポジウム:高画素拡大電子内視鏡による大腸癌に対する新しい治療戦略
    三戸岡 英樹、白川 勝朗、柏木 亮一
1996年2月10日 第64回日本消化器病学会近畿支部例会:大阪国際交流センター
  • 一般演題(177):急性膵炎を合併した潰瘍性大腸炎の1例
    福永 馨、三戸岡 英樹、中野 博貴、他
1995年2月18日 第62回日本消化器病学会近畿支部例会:国立京都国際会館
  • 座長 三戸岡 英樹:胃IV
  • シンポジウムII「大腸癌の最近の治療・予後」
    三戸岡 英樹、松尾 秀樹、入江 一彦:大腸腫瘍性病変の診断と治療-色素法および拡大内視鏡観察を併用して
内視鏡学会関連発表:総会
2013年5月11日 第85回日本消化器内視鏡学会総会 :京都
  • VTRシンポジウム3 大腸ESDにおける偶発症を予防するための施策
    VS3-14 大腸ESD後の粘膜欠損に対するクリップを使用した完全閉鎖法の検討
    三戸岡 英樹
2010年10月16日 第80回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW 2010) :横浜
  • ワークショップ30 ESDにおける手技の工夫 ~大腸~≪ビデオ≫
    内W30-13 より安全な大腸ESDをめざして-内視鏡的ハリスクリップ縫合閉鎖法-
    三戸岡 英樹
2009年10月17日 第78回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW 2009) :京都
  • ワークショップ24 クリニックでの内視鏡診療と治療の現況と展望
    内W24-12 無床クリニックにおける日帰りESD
    三戸岡 英樹
  • 大腸・症例1  司会
2008年5月24日-26日 第75回日本消化器内視鏡学会総会:横浜
  • ビデオシンポジウム3 大腸ESDの適応と手技
    VS3-19  大腸ESD専用スコープの開発と使用経験
    三戸岡 英樹
2005年5月27日 第69回消化器内視鏡学会総会:東京
  • 一般演題 大腸ESD O-213 大腸切開剥離法-専用スコープの使用経験-
    井上 崇、三戸岡 英樹
2005年5月26日 第69回消化器内視鏡学会総会:東京
  • ビデオシンポジウム4 早期大腸癌の診断法と治療方針の決定
    VS-4-6. 微細血管模様による大腸腫瘍性病変の診断
    三戸岡 英樹、井上 崇、藤盛 孝博(獨協医科大学 人体分子病理)
2003年10月17日 日第66回消化器内視鏡学会総会:大阪
  • シンポジウム11:21世紀のConventional Endoscopyとは:拡大内視鏡の新展開
    S11-5 Conventional endoscopyとしての拡大内視鏡(第45回日本消化器病学会大会と合同)
    三戸岡 英樹、柏木 亮一(田畑胃腸病院 外科)
2003年10月16日 第66回消化器内視鏡学会総会:大阪
  • ワークショップ23:colitic cancer:早期診断への過程
    司会(第45回日本消化器病学会大会と合同)
2001年5月10日-12日 第61回消化器内視鏡学会総会:神戸
  • パネルデイスカッション7:Endoscopic day surgery の適応
    PVII-追1. 下部消化管に対するEndoscopic day surgery
    白川 勝朗、三戸岡 英樹、入江 一彦
2001年5月11日 第61回消化器内視鏡学会総会:神戸
国際会議場 第11会場(メインホール)
共催:ボストンサイエンテイフィック ジャパン
  • サテライトシンポジウム5:EMRの実践テクニック-手技とコツ-
    ビデオセッション 三戸岡 英樹
2000年5月29日-31日 第59回消化器内視鏡学会総会:京都
  • VTRシンポジウム3-2:消化管粘膜切除術における新たな工夫 -下部消化管-
    VS 3-2-2. 大腸粘膜切除術における剛性を強化した試作スネアーの使用経験
    白川 勝朗、三戸岡 英樹、入江 一彦
  • パネルデイスカッション3:大腸上皮性腫瘍の内視鏡診断とその取り扱い
    P3-追4. 色素内視鏡により発見された大腸腫瘍の年齢による検討
    三戸岡 英樹、白川 勝朗、入江 一彦
1999年5月10日-12日 第57回消化器内視鏡学会総会:金沢
  • シンポジウム
  • ワークショップ1:大腸腫瘍のpit pattern診断
    大腸拡大電子内視鏡の実用性-標準型電子内視鏡との比較検討から-
    三戸岡 英樹、柏木 亮一
1997年4月17日-20日 第53回日本消化器内視鏡学会総会:名古屋
  • シンポジウム17:大腸腫瘍の発育と進展
    大腸sm癌の微細表面構造について
    三戸岡 英樹、柏木 亮一
1996年4月18日-20日 第51回日本消化器内視鏡学会総会:神戸
  • 一般演題 P217 色素法(コントラスト法)は真に大腸微小病変発見に有用か?
    三戸岡 英樹、福永 馨、他
1995年9月28日-30日 第50回日本消化器内視鏡学会総会:東京
  • ビデオフォーラム:経口色素法を用いた大腸拡大電子内視鏡による診断と治療
    三戸岡 英樹、福永 馨、他
1995年5月 第49回日本消化器内視鏡学会総会:横浜
  • サテライトシンポ(フジノン研究会)
    三戸岡 英樹:表面型大腸腫瘍の質的診断はどこまで可能か
1994年10月 第48回日本消化器内視鏡学会総会:札幌
  • サテライトシンポ(フジノン研究会)
    三戸岡 英樹:大腸腫瘍性病変の診断の現状と展望
1994年4月 第47回日本消化器内視鏡学会総会:神戸
  • サテライトシンポ(フジノン研究会)
    三戸岡 英樹:高周波超音波プローブ、及び多画素電子スコープによる消化管病変診断の現状と展望
1993年9月 第46回日本消化器内視鏡学会総会:神戸
  • サテライトシンポ(フジノン研究会)
    三戸岡 英樹:多画素電子スコープによる消化管の臨床と実際の講演会-下部消化管における臨床Ⅰ
1993年5月13日-15日 第45回日本消化器内視鏡学会総会:新潟
  • 一般演題 経口色素法を用いた大腸拡大内視鏡検査ルーチン化の試み
    三戸岡 英樹、白川 勝朗、他
1992年4月 第43回日本消化器内視鏡学会総会:大阪
  • 実技ビデオ:患者に楽な大腸内視鏡検査の工夫
    三戸岡 英樹、池原 英夫
  • 一般演題:Simple chromoscopy(経口色素大腸内視鏡検査法)による大腸表面型病変の診断
    三戸岡 英樹、藤盛 孝博、他
1991年11月 第42回日本消化器内視鏡学会総会:横浜
  • ビデオシンポジウム:Simple chromoscopy(経口色素大腸内視鏡検査法)の実際
    三戸岡 英樹、池原 英夫
  • 一般演題:閉塞ステント交換器具の開発とその試用経験
    三戸岡 英樹、牧野 滋、他
1991年5月 第41回日本消化器内視鏡学会総会:横浜
  • 一般演題:色素内視鏡検査による大腸ポリープの検討
    三戸岡 英樹、藤盛 孝博、他
1990年4月 第39回日本消化器内視鏡学会総会:東京
  • 一般演題:腸管洗浄液(PEG)を利用した新しい大腸色素内視鏡検査の試み
    三戸岡 英樹、中 芳子、他
1989年11月 第38回日本消化器内視鏡学会総会:東京
  • 一般演題:内視鏡的治療が著効を示した粘液産生性胆管癌の一例
    三戸岡 英樹、中 芳子、他
1989年5月 第37回日本消化器内視鏡学会総:名古屋
  • 一般演題:大腸内視鏡前投薬としてのミダゾラム製剤の有用性についての検討
    三戸岡 英樹、時末 芳子、他
内視鏡学会関連発表:地方会
2005年3月5日 第74回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
  • ビデオワークショップ1 VW1:消化管腫瘍における内視鏡的粘膜切除術・粘膜切開術への工夫
    VW1-19. 大腸切開剥離法(ESD)における工夫
    井上 崇、三戸岡 英樹、入江 一彦
2004年9月18日 第73回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
  • パネルデイスカッション:大腸腫瘍に対する内視鏡診断と治療戦略
    PD-6. 内視鏡的微細血管所見からみた大腸腫瘍性病変の診断
    三戸岡 英樹、井上 崇、入江 一彦
  • 一般演題 小腸2.司会
2004年3月6日 第72回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:奈良新公会堂
  • 合同フォーラム:内視鏡検査においてセデーションは必要か?
    司会:三戸岡 英樹、樋口 和秀、岩井 康恵
2002年10月5日 第69回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:大阪国際交流センター
  • シンポジウムI:内視鏡診断・治療における新しい展開(消化管)
    S-I-12.微細血管所見からみた大腸腫瘍性病変の診断
    白川 勝朗、三戸岡 英樹、入江 一彦
2000年10月7日 第65回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:芦屋市民センター
  • シンポジウム2:消化器内視鏡治療の現況と展望(下部消化管)
    S-2-1. 拡大電子内視鏡による大腸腫瘍の診断は通常内視鏡に比し有効か?
    三戸岡 英樹、白川 勝朗、入江 一彦
  • 一般演題(127)内視鏡的に切除し得た十二指腸球部早期癌の1例
    白川 勝朗、三戸岡 英樹、坂上 美和子、入江 一彦
2000年3月4日 第64回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:京都テルサ
  • ビデオワークショップ:「内視鏡治療の工夫」2.下部消化管
    大腸腫瘍性病変の切除における、剛性を強化した試作スネアワイヤの使用経験、およびヒアルロン酸を用いた粘膜下注入法について
    白川 勝朗 三戸岡 英樹 入江 一彦
  • およびこのセッションの司会
1999年9月 第63回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:大阪国際交流センター
  • シンポジウム:拡大電子内視鏡による広基性大腸腫瘍(最大径2cm以上)に対する診断と治療
    三戸岡 英樹 白川 勝朗 入江 一彦
1998年2月7日 第60回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:大阪国際交流センター
  • シンポジウム「色素内視鏡の新しい手技と利点」
    三戸岡 英樹、入江 一彦:経口剤による大腸色素内視鏡の応用-経口色素カプセル法
  • ワークショップ「大腸癌検診(老健法・ドック)における内視鏡の現状と将来」
    松尾 秀樹、三戸岡 英樹、入江 一彦:人間ドックにおける全大腸内視鏡検査の経験
1997年2月8日 第58回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:大阪国際交流センター
  • 一般演題(44)人間ドックにおける胃、大腸内視鏡同時検診の経験
    井上 崇、三戸岡 英樹、他
1996年3月9日 第56回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:日本生命中之島研修所
  • 一般演題 (89) Dimetylpolysiloxane 含有腸管洗浄液を用いた経口色素法の検討
    福永 馨、三戸岡 英樹、他
1995年4月22日(当初2月が延期) 第54回日本消化器内視鏡学会近畿地方会
日本生命中之島研修所
  • 一般演題:増殖態度が奇異であった横行結腸ポリープの一例
    松尾 秀樹、三戸岡 英樹、他
  • 一般演題:実体顕微鏡による10mm以下の大腸表面型腫瘍の観察
    柏木 亮一、三戸岡 英樹、他
1994年2月5日 第52回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:日本生命中之島研修所
  • シンポジウムII「微小大腸癌の診断と治療」
    三戸岡 英樹、藤盛 孝博:経口色素法と拡大電子スコープによる微小大腸平坦陥凹型腫瘍の診断と治療
  • 一般演題:内視鏡的に切除しえた巨大大腸神経線維腫の一例
    白川 勝朗、三戸岡 英樹、他
1993年9月11日 第51回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:京都会館
  • 一般演題:大腸表面型腫瘍の内視鏡所見と実体顕微鏡観察像との対比
    柏木 亮一、三戸岡 英樹、他
1993年2月13日 第50回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:日本生命中之島研修所
  • 一般演題:大腸拡大電子内視鏡(FUJINON EC7-CM2)による大腸病変のpit診断
    三戸岡 英樹、白川 勝朗、他
1991年2月16日 第46回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:日本生命中之島研修所
  • シンポジウムII「粘膜内癌をめぐって-下部消化管-」
    三戸岡 英樹、佐伯 進:腸管洗浄液を利用した色素内視鏡検査法による大腸 neoplastic polyp の検討
1990年2月10日 第44回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:日本生命中之島研修所
  • 一般演題:大腸内視鏡にて診断しえた回腸末端部リンパ濾胞増殖による小児腸重積症の一例
    三戸岡 英樹、連 利博、他
1989年9月30日 第43回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:日本生命中之島研修所
  • 一般演題:早期十二指腸乳頭部癌の一例
    三戸岡 英樹、中 芳子、他
1989年2月25日 第42回日本消化器内視鏡学会近畿地方会:日本生命中之島研修所
  • 一般演題:腎不全患者の大腸ポリペクトミー後の出血にヒートプローベによる止血が有効であった一例
    三戸岡 英樹、時末 芳子、他
内視鏡学会関連発表:その他
2011年8月27日 第二回セコム提携病院消化器病研究会:東京ドームホテル札幌,札幌
  • パネルディスカッション「胃ESD後の粘膜欠損に対するハリスクリップ縫合閉鎖法」
2003年3月29日 第14回関東IIc研究会:ホテルニュウ岡部(鬼怒川温泉)
ミニシンポジウム:Is+IIcはどう定義するべきか-私の意見-
  • IIc+Is型sm癌の一例
    白川 勝朗、三戸岡 英樹、入江 一彦
2002年3月30日~31日 第12回関東IIc研究会2:ホテルニュウ岡部(鬼怒川温泉)
  • II ミニシンポジウム 座長
2001年11月10日~11日 第19回日本大腸検査学会総会:淡路夢舞台国際会議場
シンポジウム3. 新しい大腸内視鏡機器
  • 電動ズーム式高画素拡大大腸電子内視鏡の使用経験
    白川 勝朗、三戸岡 英樹、入江 一彦
2001年5月13日 第2回日本実地医科消化器内視鏡研究会:神戸
  • 大腸内視鏡ライブデモンストレーションII 司会
2001年5月13日 第2回日本実地医科消化器内視鏡研究会:神戸
シンポジウムI. 日常臨床に役立つ私のアイデアと工夫-下部消化管-
  • 大腸腫瘍見つけ出しのための色素法の応用-経口色素カプセル法-
    白川 勝朗、三戸岡 英樹、坂上 美和子、入江 一彦
2000年10月15日 愛知県保険医協会 社保研究会(有料講座)
愛知県保険医協会伏見会議室:下部消化管の検査方法と診断(講演実技指導) 三戸岡 英樹
1999年11月14日 第17回日本大腸検査学会総会:幕張メッセ国際会議場
シンポジウムII 大腸疾患の Natural History
  • 色素内視鏡により発見された大腸腫瘍の年齢による解析
    三戸岡 英樹、白川 勝朗、入江 一彦、藤盛 孝博
1992年11月14日 近畿消化器内視鏡技師研究会 第4回 医学講座
日本生命中之島研修所
  • 消化器内視鏡検査に必要な薬理学
    三戸岡 英樹
カプセル内視鏡学会関連発表
2017年2月19日 第10回日本カプセル内視鏡学会学術集会:名古屋
  • シンポジウム1 大腸カプセル内視鏡の更なる普及に向けた課題
    飲まずに出来る大腸カプセル内視鏡検査を目指して-洗浄液注入法を使用して- 三戸岡 英樹樹
2016年2月28日 第9回日本カプセル内視鏡学会学術集会:東京
  • 特別パネルセッション P-3 飲まずに出来る大腸カプセル内視鏡検査を目指して-内視鏡的洗浄液注入法を使用して- 三戸岡 英樹
Gastrointestinal Endoscopy (Gastroenterology) Director / Hideki Mitooka
4-1-313 Funado-cho, Ashiya City, Hyogo, Japan Laporte Main Bldg. 3F Postal Code: 659-0093 TEL: 0797-35-8111
(c)2006 Ashiya Mitooka clinic All Rights Reserved.